ちくちくと。~声に出せないほんとのところ~

私の病気のことや、趣味について書いてます。扱っている話題については基本ノンジャンルです。

【フィギュア】世界選手権2016 男女FS+@

こんばんは、ミユキです。

 

フィギュアスケート世界選手権が終了しました。

始まる前はずっと先のことのようでしたが、過ぎてしまうのは本当にあっという間でしたね。

 

今日は、男女フリーについて書いていこうと思います。

 

 

男子

総合順位

1位 ハビエル・フェルナンデス(スペイン) 314.93

2位 羽生結弦(日本) 295.17

3位 ボーヤン・ジン(中国) 270.99

4位 ミハイル・コリャーダ(ロシア) 267.97

5位 パトリック・チャン(カナダ) 266.75

-------------------------------------------------------------------------------------

7位 宇野昌磨(日本) 264.25

 

羽生、まさかの2位

ショートでは2位に大差をつけて1位だった羽生はジャンプのミスが相次ぎ、総合2位でした。

 鉄壁の安定感であるトリプルアクセルでミスがあったのには驚きましたね...!

と思ったら、実は左足の靭帯を痛めていたことが試合後に発覚しました。

 

www.huffingtonpost.jp

 

左足は、トウループのときにトウをつく足。

今回のフリーではジャンプの構成を4T-3Tから4S-3Tに変更していましたが、もしかしたら試合が始まる前にはもう痛めていて、足への負担を軽くするために変更したのかもしれませんね。

 

それにしても、怪我をした時期こそ不明ですが、この状態でエキシまでやり通すなんて...。

羽生はつくづく強い人です。

 


Yuzuru Hanyu 羽生結弦 FS 2016 World Championship Boston

 

同じ日本の宇野昌磨は7位。

後半の4Tではかなり痛そうな転び方をしてしまってましたが、その後の連続3Aによく挑んできましたね。

インタビューでの悔し涙が印象的でした。

この悔しさは来季に晴らしてほしいですね。

 

 

 フェルナンデスが逆転優勝

優勝したのはスペインのフェルナンデス。

ショートで12点の大差をつけられながらも、フリーで逆転優勝しました。

 

彼も靴のトラブルで直前まで思うように練習ができないトラブルがありましたが、ここ一番で素晴らしい演技を見せてくれましたね。

軽快なエッジワークで、観客を一瞬で引き込んでいきました。

後半のステップは余裕すら感じられ、まさに圧巻の演技。

 

プロトコルの面では特に4回転ジャンプの評価が高く、4Tと4SがGOE(出来栄え点)で満点を獲得しました。

PCS(構成点)では5項目中4項目で10点満点中9点台を獲得。

男子フィギュアのレベルはここまできたのかと、驚くばかりですね...!

 


Javier Fernandez FS 2016 World Championship Boston (Winner)

 

 

女子

総合順位

1位 エフゲニア・メドベデワ(ロシア) 223.86

2位 アシュリー・ワグナー(アメリカ) 215.39

3位 アンナ・ポゴリラヤ(ロシア) 213.69

4位 グレイシー・ゴールド(アメリカ) 211.29

5位 宮原知子(日本) 210.61

------------------------------------------------------------------------------

7位 浅田真央(日本) 200.30

8位 本郷理華(日本) 199.15

 

何と7位までが200点超え。

史上まれにみるハイレベルな戦いになりました。

 

 

1位はメドベデワ

ショート3位のメドベデワがフリーで巻き返し、総合1位という結果に。

総合223.86点、フリーだけでは驚異の150.10点

 


Evgenia Medvedeva 2016 FS RECORD 150.10 World Championship Boston

 

まったく危なげのない演技。

今回も、タノジャンプ(片手を上げるジャンプ)で多くの加点を獲得しました。

あんまりやりすぎるのも表現の良さが薄れちゃうのでほどほどにした方がいいと思うんですが...と、この人のエキシ見てて思いました(笑)

 

ジャンプだけでなく、スピンやステップもすべて最高評価のレベル4。

文字通りおそロシアの筆頭をいく存在となりました。

入れ替わりの激しいロシア勢ですが、来季はどうなるのか...。

 

 

日本女子はメダルを逃す

一方、日本女子は5,7,8位とメダルを逃す結果となってしまいました。

しかし、それぞれの演技は決して悪かったわけではありません。

本郷さんは自己ベストを叩き出したし、宮原さんや浅田さんは心にグッとくる素晴らしい演技をしていました。

これは上位陣の多くの選手が自分の持てる力を出し切った結果でしょう。

何とか3枠も維持できたことだし、来季はより強くなった日本勢が見たいですね。

 

 

そんな中、個人的に一番感動したのが浅田さん。

ジャンプこそいくつか回転不足を取られてしまったものの、伸びやかで壮大な演技に心を打たれました。

この人はやっぱり見る人を惹きつけるのが上手いですね。

 

シーズン後半は思うような結果が出ず、全日本選手権のときには引退も考えたという彼女。

ですが、今回のフリーは「点数なんてどうでもいい。こんな演技が見たかった、これでこそ真央ちゃんだ」と思えるような演技でした。

リンクに大輪の花が咲いたような、まさに今シーズンの集大成にふさわしい演技だったと言えるでしょう。

 

浅田さんはエキシビジョン後のインタビューで来季の更なるレベルアップを宣言、現役続行を表明しました。

この人のどこまでも挑戦していく姿勢は素晴らしいですね。

来季の活躍も期待しています。

 


Mao Asada (Triple axel) 浅田真央 FS 2016 World Championship Boston

 

 

「大トリ」はワグナー

海外勢で個人的に印象に残ったのは、2位のアシュリー・ワグナー

「フィギュア大国」のうちのひとつで、実力ある選手が多く存在していながらも10年間メダルなしだったというアメリカ女子は、この人によってようやくメダルがもたらされました。

 

ワグナーのフリーの演目である「ムーラン・ルージュ」は、2シーズンにわたって演じてきたプログラムです。

今回はその集大成といっていいでしょう。

幾多の名演技が生まれた今大会。

最終滑走である彼女は、気持ちのこもった演技で「大トリ」を飾ってくれました。

後半のステップで笑顔があふれたときは、心にこみあげてくるものがありましたね...。

 


Ashley Wagner FS 2016 World Championship Boston

 

 

まとめ

今シーズンのクライマックスである世界選手権も、もう終わり。

シーズンラストに素晴らしい演技をいっぱい見ることができたのは本当に幸せでした。

特に女子フリーは、神演技だらけでしたね!

この日はたまたま私の誕生日だったのですが、誕生日にこんな素晴らしい大会が見られるなんて私は何て幸運なんだろう...。

これで1年のすべての運を使い果たしたなんてことがないと思いたいです(笑)

 

それにしても、男女ともにレベルがどんどん上がっていくフィギュア界。

この先一体どうなっちゃうんでしょうか。

来季もジュニアのすごい選手が続々シニアに上がってきそうなので、そこらへんにも期待したいですね!

 

 

おまけ:メドベデワのインタビューとエキシビジョン

最後に。

優勝のメドベデワがインタビュー中、突然日本のファンに向けて「ファンサービス」をしてくれました。

 


エフゲニア・メドベージェワ インタビュー

 

セーラームーンの歌の歌詞を日本語で暗唱しだすメドベデワ。

これ、真央ちゃんがすすめたことだったんですね!

(余談ですが、このときのラジオノワの表情にロシア女子の闇を見ました)

 

メドベデワの新しい魅力

エキシビジョンでは、荒川静香さんのエキシでもおなじみの「You raise me up」を披露。

鮮やかなブルーの衣装が、照明も相まってか夜空みたいできれい。

 

メドベデワの代名詞であるタノジャンプはないのですが、それがしっとりした表現を更に引き立たせ、美しいプログラムに仕上がっているんです。

元々表現力のある彼女ですが、これはその表現を存分に発揮した良プロだと思います。

メドベデワの、表現者としての新たな魅力を引き出していましたね。

そう考えると、試合でタノばかりやるのはある意味もったいないのかも...。

 


Evgenia Medvedeva EX 2016 World Championship Boston

私が20代で学んだこと

こんばんは、ミユキです。

 

今日は私にとって20代最後の日。

つまり、明日で30歳になりますw

もう若いと呼ばれる年齢ではなくなってしまうんですね...(遠い目)

 

いろいろ複雑な気持ちはありますが、そんな中でも20代のうちに学んできたことって今思えばたくさんありました。

特に、ものの考え方、価値観が大きく変わった年代でもありましたね。

そんなわけで今日は、私が20代のうちに学んだことを書いていこうと思います。

 

 

場面緘黙症」の存在を知った

私が初めて場面緘黙症という病名を知ったのは、大学を卒業してからでした。

それは、私がこれまで何も知らずにずっと抱えてきた苦しみの正体を知った瞬間でもありました。

これまでは何だかよくわからなかったけど、病名がわかっただけでも肩の荷がすっと下りるものなんですね。

 

この詳細についてはこっちにも書いたので、ぜひ読んでみてください。

 

okiagarimike.hatenablog.jp

 

そして、私は現在、この病気のことを少しでも多くの人に知ってもらえるよう、ゆっくりなペースですが自主的に啓発を始めています。

ツイッターでは、おかげさまでたくさんの方からのリツイート・いいねをいただき、↑の記事を広めるツイートのインプレッションが1,000を超えました。

本当にありがとうございます。

 

 

ツイッターのフォロワーさんも、同じ場面緘黙症を抱えている方が一気に増えました。

この病気を抱えて唯一よかったところですね(笑)

同じ病気を持った方と情報共有できるのはすごくいいことだと思うので、ツイッターの方もしっかり更新していきたいと思います。

 

 

WEBで発信するという楽しみを知った

ツイッターもこのブログもそうですが、「自分の言葉を発信する」ということに活路を見いだせたことも私にとってはとても良かったと思います。

 

というのも、私は緘黙が治ってきたとはいえ症状が完全になくなったわけではなく、リアルだとどうしても意思表示が困難になってしまうからです。

全く話せないわけではないけど、うまく話せる状況や相手がどうしても限られてしまう故、意思表示がうまくいかず疲労困憊になってしまうことも多々あるわけです。

 

そういう意味ではネットで自分の言葉を発するというのは一種のアウトプットにもなりますし、精神衛生上結構救われてるところもあったりします。

もちろん、緘黙の後遺症もあるので長文を書くっていうのはなかなか難しいんですが...。

(感覚的にいえば、自分の思いを言葉にしようとすると脳が勝手にシャットアウトしちゃうので)

現にこのブログの文章を書くときもすごく時間かかってますしね(笑)

 

さらに、このネットというものに私はとてつもない可能性を感じています。

使いようによってはいずれ単なる意思表示以上のことができる気がしてるんですよね。

ネットをどう使いこなすかは自分次第。

これは私自身今後すごく楽しみなことでもあるので、この分野に関してはより深く学んでいきたいと思っています。

 

 

社会に迎合する必要はないということ

日本社会はすごく恵まれた生活ができる反面、不条理なことも数多く持ち合わせています。

例えば、集団主義やそれによる同調圧力、精神論・根性論の蔓延、ブラック労働なんかはその最たるものですね。

特に同調圧力がもたらす影響は深刻で、これのせいで大多数の人が生きづらくなっていると言っても過言ではないでしょう。

 

実は私自身もそうでした。

これまで私は、自分のことをずっと責めながら生きてきました。

学校に通えない自分、周りの人達とうまくやっていけない自分、仕事ができない自分...。

常に周囲の人と比べては、「私は何でこんなにできが悪いんだろう」と、自分を責める毎日が続きました。

 

しかし、ネットで様々な人たちの多様な考えに触れ、その考えは大きく変わっていきました。

世間体のためだけに大多数の人達に合わせる必要はない、私は私で良いんだと。

ときに極端な価値観に染まってしまったこともありましたが(苦笑)無理に世間一般の価値観に迎合することが自分にとって大きな負担になってしまっていたことを知ることができたのは、私にとって大きな転換点でした。

 

 

私は海外に出たことはまだ一度もありませんが、正直日本社会ほどあらゆる面で少数派の人達が生きづらい社会ってないと思うんですよね。

日本社会は多数派がすべて。

だから結果的に、少数派の人達はいつも端っこの方に追いやられてしまいます。

 

でも、そこで自分を卑下する必要なんてどこにもない。

本来、人間はみんな違うのが当たり前のはずです。

みんな同じであること前提で動くこと自体が間違っている。

だから、この記事を読んだ人が少しでも「自分はみんなと違う」と思うことがあっても、自信を持って生きてほしいんです。

 

私は社会に迎合せずに生きていくための手段を選びました。

幼少のころからずっと他の人達に合わせようと頑張ってきたけど、それはもう無理だということに気付いたからです。

前の仕事で体調を崩し、SADが悪化したときに悟りました。

 

今やっていることは上手くいけば自分自身にとって大きく前進できるチャンスです。

少しずつでも成果を出そうと、日々頑張っています。

 

 

ついでに日本社会全般をディスってしまうと、世の中の大多数は無駄なことで溢れてると思うんですよね。

私は余計な雑音に耳を貸す必要もないし、自分の力でコツコツやっていこうと思います。

 

それにしても、ここまでたどりつくのにずいぶん長い時間がかかったな...。

腰を上げるのが遅い私ですが、一歩踏み出す勇気って大事なんですね。

つくづく身に沁みます。

 

 

私は私でいい

さっきのことと関連しますが、結局自分は自分、他人は他人なんですよ。

だから無理に周りに合わせることもないし、みんな仲良しでいる必要もないと思うんです。

世の中にはいろんな人がいます。

そうなると当然合う人もいれば合わない人もいますよね。

合わない人に無理に合わせることなんてしなくていいんです。

もし合わない人がいたら、適当に受け流しておけばいいんですよ。

 

私は常に「自分は自分」の精神でいきます。

 

 

まとめ

はい、こうやって書いてるうちにいろんなことがぽんぽん出てきました(笑)

 

しかし、こうやって書いてはみたものの私は全然強い人間じゃありません。

人間は怖いものだと思ってるし、SAD持ちということもあって常に他人の顔色をうかがいつつビクビク生活しています(笑)

 

でも、こうやって心持ちひとつ変えるだけでも生きていく上での負担の量は全然違います。

今はずいぶん楽な方ですよ。

 

というわけで、この記事を一言でまとめると「ネット様様」。

これにつきますね(笑)

場面緘黙のことを知ることができたのもここまで価値観が変わったのも、すべてネットのおかげですから。

(もちろん、ネットはあくまで多様な価値観を知る「手段」でしかないので書いてることを過信しすぎるのもよくありませんが...。)

 

 

私はまだまだ突っ走っていきます。

世間的にはもう若くないかもしれませんが、気持ちだけは若いつもりでいきます。

だって今の人生は80年ですよ?まだ半分もいってないじゃないですか。

私がどこまで生きるのかは知りませんが...(笑)

 

最近、時間をもっと有効に使おうと決めました。

それだけやりたいことが多すぎるから。

緘黙のこともまだまだ広めていきたいし、お金も稼がなきゃいけないし、少しでも多く練習してピアノが上手くなりたい。

 

私の人生は、これからが正念場です。

堂々と自分の道を生きていこうと思います。

というわけで、30歳になってもこのブログをよろしくお願いします!

【フィギュア】世界選手権2016 女子SP

こんばんは、ミユキです。

前回の記事でお知らせしたとおり、今日は女子ショートを見ての感想を書いていきたいと思います。

 

ちなみに男子ショートの記事はコチラ。

okiagarimike.hatenablog.jp

 

女子ショートの感想に入る前に、例によってアイスダンスの話題から。

 

 

アイスダンス・シブタニ兄妹は総合2位

男女SPに先駆けて、アイスダンスのフリーダンスが終了しました。

シブタニ兄妹は総合2位。

ホームの舞台で堂々とした演技を披露しました。

 


2016 World Championships. Ice Dance - FD. Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI

 

ショートダンスでは可愛らしい振付が多かったんですが、フリーダンスはよりアクロバティックで芸術性の高い表現が印象的。

演技中盤で見せる一糸乱れぬツイズルは緊張感もあり、大きな見どころになっています。

 

素晴らしいの一言でした。

銀メダルおめでとうございます!

 

 

女子ショート

結果

1位 グレイシー・ゴールド(アメリカ) 76.43

2位 アンナ・ポゴリラヤ(ロシア) 73.98

3位 エフゲニア・メドベデワ(ロシア) 73.76

4位 アシュリー・ワグナー(アメリカ) 73.16

5位 エレーナ・ラジオノワ(ロシア) 71.70

-------------------------------------------------------------------------------

6位 宮原知子(日本) 70.72

7位 本郷理華(日本) 69.89

9位 浅田真央(日本) 65.87

 

ゴールドが首位発進

グレイシー・ゴールドがホームの地で会心の演技を見せ、自己ベストを大きく更新する点数でトップに立ちました。

表情も良かったし、全体的に華やかで魅惑的な演技だったと思います。

 

今回はとりわけ表現面での評価が高く、PCS(構成点)の5項目のうち3項目で10点満点中9点台を獲得していました。

ジャンプや他の要素での加点も大きかったですね。

四大陸選手権での悔しさを挽回し、悲願の表彰台へ大きく前進したスタートだったと言えるでしょう。

 


Gracie Gold SP 2016 World Championship Boston

 

 

個人的ベストはラジオノワ

個人的に良いと思ったのが5位のラジオノワ。

表現に柔らかさやしなやかさが加わり、一皮むけた大人の演技に仕上がっていました。

独特のポジションのスピンは曲によくマッチしていたし、手の表現が特に上手いと思いましたね。

 

プロトコルの面でも冒頭の3lz-3Tで大きな加点を獲得、スピンやステップでもすべての要素で最高評価のレベル4でした。

このレベルで5位なんて...!!

 


Elena Radionova SP 2016 World Championship Boston

 

他にも、ジャンプでの苦戦が続いていたポゴリラヤが落ち着いた演技で2位発進。

ワグナーが独特のリズムとシンクロした表現で4位につけました。

うーん、混戦しすぎてマジでフリーの展開が読めない!

 

日本勢は苦戦

一方で、日本勢は6~9位と苦戦を強いられました。

と言っても、浅田さんはジャンプで精彩を欠いたものの表現は良かったし、宮原さんや本郷さんも決して悪い出来ではなかったと思います。

やはりこれは全体のレベルが上がってきた結果と言えるでしょう。

 

浅田さんは1位との点差的にトップ争いに食い込むのが難しくなってしまいましたが、宮原さんや本郷さんはフリーで挽回できる可能性が充分あります。

みんなが最後まで力を出し切れる結果となってほしいですね。

 

 

そんな中、日本勢の中では特に印象に残った本郷さんの演技を貼っておきます。

今回、ジャンプの構成を大きく変更した彼女。

後半に3T-3Tを入れてきたのが功を奏し、自己ベストを大きく更新することができました。

全体的に安定感もあったし、表情からも楽しんで滑っているのが伝わってきたのが良かったですね。

 


本郷理華 RIKA HONGO World Championships 2016 世界選手権 SP 69.89 SB RK7

 

フリーのリバーダンスも好きなので、集大成を見せてほしいです。

 

 

まとめ

前述のとおり、ショートは全体的にレベルの高い戦いでした。

何と上位6人が70点台です...。なんてこったい。

女子も男子同様、トップ争いの熾烈化が始まってますね。

 

これはいかに加点を見込めるかという戦術面での戦いでもありました。

メドベデワのタノジャンプなんかはその顕著な例でしょう。

 

ジュニアの試合では全体的にジャンプのレベルが上がってきていて、シニアでもその傾向はみられるんですが、それ以上に演技表現やジャンプ、スピンといった要素要素の工夫がシニアの試合ではとりわけ行われているように思いました。

 

関係ないけど、日本勢の苦戦ぶりはグランプリシリーズロシア大会を思い出しますね...。

みんながフリーでベストを尽くせますように!

 

 

明日は男子フリーが行われます。

ショートで驚異的な点数をたたき出した羽生結弦には是非フリーでもお化けクラスの点数を出してぶっちぎり優勝してほしいですね!

宇野君のトゥーランドットも楽しみです。

日本勢の3枠奪還に期待しましょう。