ちくちくと。~声に出せないほんとのところ~

私の病気のことや、趣味について書いてます。扱っている話題については基本ノンジャンルです。

いよいよ明日から!全日本選手権の注目選手

こんばんは、ミユキです。

フィギュアスケート全日本選手権がいよいよ明日から始まりますね!
全日本選手権は、世界選手権の代表を決める大事な大会になります。
日本は特に全体のレベルが高いので、今からめっちゃ楽しみです。

今日は、その全日本選手権に出場する注目の選手を自分なりにまとめてみました。
もうね、誰にしようかめっちゃ迷ったよ...!
特に女子は、シニアのみならずジュニアにも有力選手が多いのでかなり絞りました。

全体的にジュニアの選手が中心になってます。
まずは男子から!

男子

田中刑事

羽生の同級生で、シニア2年目。
先月行われたNHK杯では5位となかなかの健闘ぶりを見せてくれました。

フリーのプロトコル(採点表)では、それぞれの要素の出来栄え点で全てプラス!
実際に見ても、大きなミスのない安定した演技でした。


HD. Keiji TANAKA 田中刑事 FS - 2015 NHK Trophy

ふんわりとした丁寧な表現が印象的な田中選手。
大技の4回転サルコウも完璧に決めていました。
ジャンプがこの調子で安定してできたら尚いいですね!

長いジュニア時代を経験し、ようやくトップ選手として花開く兆しが見えてきた様子。
何だか見ていてワクワクさせられます。

佐藤洸彬(ひろあき)

昨シーズンはジュニア世界選手権に出場、今シーズンからシニアに転向した盛岡の星・佐藤君。
昨シーズンのフリーの壬生義士伝では持ち前の高い表現力を見せつけてくれました。
今までは地元・盛岡にリンクがなく思うような練習ができなかったようですが、今年ついに盛岡に通年リンクがオープン!
現在4回転ジャンプを練習中だそうです。

演技を見ていても、「表現は良いんだけどもっと大技のジャンプが身に付いたら...」と思っていたので、これを機に飛躍してほしいところです。

ちなみにこのボレロはかなり衝撃を受けましたwww
いい成績を残してもらって、是非メダリスト・オン・アイスで見たいですね。


佐藤洸彬 EX DOI 2015

本草

この人は割と有名かな?
先日行われたジュニアグランプリファイナルでは見事2年連続でメダルを獲得し、ユース五輪にも出場が決定している日本ジュニア男子のエースです。

この人の持ち味はジャンプ。
今シーズンでは4回転-3回転のコンビネーションを習得し、めきめきと上達していってます。
本人も言ってたけど、3Aも含めてこれらの高難度ジャンプが安定してくれたら尚良いな、と思います。
シニア勢にどこまで食い込んでいけるのか楽しみです!


2015 ISU Jr. Grand Prix - Torun Men Free Skate Sota YAMAMOTO JPN

島田高志郎

こちらもジュニア。
出場選手の中では最年少の14歳です!若っ!

ジュニアグランプリシリーズでは、ジャンプの構成はまだ女子並みなものの、表情の豊かさと体を大きく使った表現に高いポテンシャルを感じました。
年齢的にはまだまだ若いし、男子は大器晩成型の選手が多いので、長い目で見ていけば将来とてもいい選手になると思います。
ジャンプはあとからついてくるさ!←
見た目はまだあどけなさが残る彼ですが、↓の動画の情感豊かなチャップリンは必見です。


12. Koshiro SHIMADA - FP ” Modern Times ” Titine ” Smile ” / Bratislava - JGP 2015

女子

白岩優奈

この子はとにかく3-3のバリエーションが素晴らしい。
何と10種類の3-3を跳ぶことが出来ます。
これだけできれば、失敗したときのリカバリーもばっちりですね!
更にフリーでは、3Lz-3T、3S-3Loの2種類を跳んでいます。

太田由希菜さんを彷彿とさせる、しなやかな演技にも注目です。
今シーズンはJGPSで好成績をおさめ、JGPFにも出場。
持ち前の負けん気の強さで、ショートでミスをしてもフリーではしっかり取り返してきました。
演技を見ていても度胸ありそうです。

全日本ジュニア選手権では樋口新葉に次いで2位を獲得した彼女。
この快進撃がどこまで続くのか注目です。


2015 ISU Junior Grand Prix - Logroño Ladies Free Skate Yuna SHIRAIWA JPN

青木祐奈

非常にジャンプのポテンシャルが高い選手です。
何と13歳にして3-3の中では最も難しい3Lz-3Loが跳べます。
(女子でこのコンビネーションが跳べるのは、安藤美姫ソトニコワスルツカヤ、樋口新葉のみ)
カウンタ-から2Aに入るなどジャンプの入りに工夫が見られるのも大きな利点です。

彼女も練習環境が整わずいろいろ大変みたいですが、ポテンシャルだけならお世辞抜きで浅田真央クラスのものを持っていると思います。
メンタルがあまり強くないのか思うような結果が出せないこともありますが、長い目で見守っていきたい選手です。


ISU 2015 Jr. Grand Prix - Riga Ladies Short Program Yuna AOKI JPN

若手選手も頑張ってるんだよ!

私がこの記事で伝えたいことは、ほんとこの一言に尽きます。
日本はフィギュアにおいては本当に人材豊富で、特に女子なんて前述のとおりジュニアにも逸材が多いので男子以上にカオスな戦いになりそうです。

なので、第一線で活躍している浅田や羽生もいいですが、是非若手選手も見てほしいなと。
思いがけない逸材を見つけるのも良いし、応援している選手の成長が見られると、すごくうれしい気持ちになれますよ!