ちくちくと。~声に出せないほんとのところ~

私の病気のことや、趣味について書いてます。扱っている話題については基本ノンジャンルです。

大人になってから始めるピアノのすすめ

こんばんは、ミユキです。

 

最近ピアノを弾くことにはまっているのですが、それが自分にとっていろいろ身になっていることが多いので、今日はそのことについて書きたいと思います。

 

 

私がピアノを始めたきっかけ

時系列がだいぶさかのぼってしまうのですが、私は元々4歳からピアノを習っていました。

 

才能はぶっちゃけあったらしいです。

最初についてくれた先生は「一番年下だけど教室で一番上手い」と褒めてくれていたようだし、和音の音を当てるテストもあまり間違った覚えがありません。

ただ、最初の先生が引っ越してから新しい先生に変わったのですが、新しい先生の指導方法が合わなかったり、当時学校ではいじめや不登校で悩んでいたのでピアノを続けていくモチベーションが保てず、結局は小5で引っ越すと同時にやめてしまいました。

 

とは言っても、中学に上がってからも音楽の授業で合唱の伴奏をやったりちょこちょこ弾いてはいたので完全にやめたわけではないんですが...。

 

 

そんな私が何故再びピアノを弾くに至ったかというと、元々はピアノが弾きたいのではなく他の楽器がやりたかったんです。

 

まぁ元々バンギャだったわけですし、私はロックが好きな人間なわけです。

テレビの音楽番組やyoutubeでミュージシャンのパフォーマンスを見て、あるときふと「楽器をやってみたい」と思い立った時期がありまして。

最初はギターが良いな、とか思ったりもしたんですが、とあるバンドの迫力のあるドラムを聴いて「これだ!」と思ったんです。

太鼓の達人もまあまあ得意だったし(笑)

でも部屋に肝心のドラムセットを置くスペースがないことに気づき、だったら今部屋にあるピアノでいいか、ってことになったわけなのでした(笑)

 

 

ピアノを弾くメリット

さて、前置きはこのぐらいにして(笑)ピアノを始めたことによって私がどのようなメリットを得られたのかを書いてみようと思います。

 

 

一曲弾けたときの達成感

まずはやっぱりこれですよね。

どんなに簡単な曲であっても、頑張って練習した末に一曲仕上がった時は他の何事にも代えがたい達成感があります。

この達成感は、毎日練習をしていく上で大きなモチベーションになっていると言っても過言ではありません。

一曲仕上がるとまではいかなくても、これまで弾けなかったところや難しいフレーズが弾けるようになっただけでもかなりの充実感を味わうことができます。

 

ピアノは練習を積み重ねた成果がわかりやすいので、特に調子が良いときにどんどん弾けるようになると「努力=楽しい」に意識が結びついてきます。

こうなると、「練習→弾けるようになる→楽しい」の良いサイクルができあがるようになります。

もちろん、逆に上手くいかないときは辛いですけどね...。

 

ところで、これは経験者独特のものなんですが、過去に弾いた曲を再び弾いてみると、意識しなくても指が自然に動いてると感じることがあるんです。

「指が覚えている」とでも言うんでしょうか。

この感覚を味わうと嬉しくなるんですよね。「私まだ全然いけるじゃん!」みたいな。

 

未経験から始める人でも、少しずつ弾けるようになる過程を味わうときっと楽しくなると思いますよ。

 

 

地道な努力をするクセがつく

ピアノは、毎日の練習が欠かせません。

というのも、1日弾くのをさぼっただけでも明らかに衰えてるのがわかっちゃうからです。

よく「芸は一日さぼると、二日さぼると...」なんて言いますが、ピアノはまさにそれと同じ世界です。

 

逆に言えば、地道に練習することが上達への何よりの近道になるのでコツコツ努力する習慣がつきます。

前述のとおりピアノは練習の成果がダイレクトに実感できるので、コツコツ頑張ったからこそ得られる達成感があります。

その経験則があるからこそ、地道に努力していく力が得られるのです。

 

 

集中力を養える

ミスなく1曲を弾ききるためには強い集中力が必要です。

演奏中ちょっとでも気を抜こうものなら一気に演奏が崩れます。

こんなこともあるので、ピアノ以外のことでも物事に集中して取り組む力がついたかな、と思います。

 

 

ピアノで培った集中力はブログを書くときも役立っています。

実際に時間を計って書いてるわけじゃないのであくまで主観なのですが、ピアノを始めてからは記事を書くスピードが上がったような気がするんです。

 

私は緘黙の後遺症のせいか文章を書くのにものすごく時間がかかってしまいます。

そのため一旦文章を書くのに詰まると集中力が切れてしまうんですね。

こんなことがあるので正直な話以前はちょいちょい書いては消してを繰り返してやっていましたが、今ではやると決めたら一気に仕上げられるようになりました。

まさにピアノをやって得られた恩恵のひとつですね。

 

 

毎日が楽しくなる!

ピアノを始めてから、日々の生活にメリハリがついた気がします。

練習のために時間を有効活用するのが上手くなったかな?

何より打ち込める趣味が一つ増えるだけでも毎日の充実度が全然違ってきますよねー。

心なしかものの考え方もちょっと明るくなった気がします(笑)

それは、毎日心から「音楽が楽しい」と思えるようになったからかもしれませんね。

うん、音楽って素晴らしい!

 

まとめ

 自分で書いてて気づいたんですが、ピアノをやってて開花する能力って結構あるんですね!

先に書いた「自分で努力して得た達成感」だったり「毎日の充実感」、そして何より「音楽を楽しいと思えること」によって、脳や心境に変化が出てきているんだと思います。

 

ピアノは未経験から始めるのもいいですが、私はやっぱり一度習った経験のある人に再度やってみてほしいと思っています。

楽器を用意する必要がないだろうし、何より前述した「指が覚えてる」感覚を、是非味わってみてほしいんです。

そのためにも、家に眠っているであろう楽器を、もう一度起こしてみてほしいですね。

一緒に「自分で」音楽を楽しんでみましょう!